海外のライフワークバランス

〜世界の雑貨屋さん〜   

W&F Trading Japan【ブログ12】



先日は国の文化によって交渉時に気をつけるべき事例を学んだわけですが今回の場合はそれほど大きな価格差は生じなかったので特に影響はありませんでした。

そしてもう一つ海外メーカーと交渉する際に注意する点は長期休暇についてです。

2月は旧正月を採用している国も多くありますが

こういった長期休暇に入ると海外企業はほぼ仕事はしません。

日本だと何かしら仕事が残ったものに関しては残業や休日出勤などで対応することがありますが海外企業はいい意味でビジネスとプライベートの切り分けがはっきりとしています。

その為、まずは契約書類の取り交わしを相手国の長期休暇に入るまでに取りまとめる必要が出てきました。

こちらで契約書を作成してドラフトを送りました。

相手のメーカーからも色々と修正がくるものだと思いましたがそのまま印鑑を押して返信をしてくれました。

もしかしたらもう長期休暇に頭の中はシフトして早く仕事をい切りあげたかったのかもしれません。

兎にも角にも、なんとか海外メーカーと独占販売権の契約が結べたのです。

後は日本での販売マーケティング戦略

これにはまずはクラウドファンディングでテストマーケティングをする為、プラットホーム選びをするわけですがなんとも良いタイミングでキャンプファイヤーと言うクラウドファンディングサイトが手数料が約半分くらいになっていました。

正確には売り上げの17%から10%になっているわけですが仮に100万円の売り上げがあったとすると本来は17万円の手数料がかかるのに対して10万円と売り上げの7%も利益が残せるのです。

これはすごく大きくもしもこの商品の利益が売り上げの半分だとすると利益50万円に対しての7万円なので14%も利益が変わってきます。

そんなことからプラットフォームはキャンプファイヤーに決めたのでした。(*もちろん売上げを立てないことには意味がないのですが)

そしてクラウドファンディングを成功した後輩などにも話を聞きました。

中にはクラウドファンディングを作っていたと言う友人もいてビックリです。

まずそこで学んだ情報はクラウドファンディングの開始前に目標売り上げの3分の2を自分の顧客から作ることです。

えっ?プラットホーム側が集客をしてくれるわけではないんですか?

そんなに世の中甘くないんですね。笑

と言うことでまずはSNSを使いながら色々と告知を始めました。


そしてそれと同時に専用のHPを作り、インスタアカウントを作成

さらにさらに

クラウドファンディングようのLPの作成と中々やることが多いのです。


もちろんそれだけではなく、海外から国内配送、国内でお客様への配達と言う物流も考えないといけません。


なんとか各種フォワーダーに連絡を取り運送費の見積もりを取り寄せました。

海外からの物流についてはまた次回詳しく書こうと思います。




〜世界の雑貨屋さんW&F Trading Japan〜

#世界の雑貨屋さん#WandFTradingJapan

#雑貨 #貿易 #輸入 #輸出

#抗菌ボールペン#抗菌ノート#抗菌グッズ #コロナ対策

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示